その他の雑学

5分で大人の雑学~⑦ バーチャルウォーターってなに?

Pocket

今回は

5分で大人の雑学~⑦ バーチャルウォーターってなに?です

バーチャルウォーターとは

ざっくり「仮想水」のことです

たとえばその食物や商品を

生産するのに必要な水のことで

ロンドン大学東洋アフリカ学科名誉教授

アンソニー・アラン氏により提唱されたそうです。

おにぎり1個作るのに必要な水

 

おにぎり1個作るのに

米作りから考えると

1個あたり270~300リットル

の水が必要とされています。

アパートなどの一般的な浴槽で

お風呂2回分くらいでしょうか

ちなみに・・

ハンバーガー1個では1000リットル

牛丼で1杯約2000リットルの

水が必要とされています。

これは牛肉45グラムで約900リットル

と言ったような試算となります。

500㎖のペットボトルなら

2000リットル=4000本です。

どれくらいのバーチャルウォーターを輸入

 

日本でのバーチャル・ウォーターの輸入先は、

アメリカが約389億立方メートル、

オーストラリアの約89億立方メートル、

カナダの約49億立方メートル。

バーチャルウォーターが最も使われている作物は

トウモロコシで

その他、牛・大豆・小麦などがあります。

日本のバーチャル・ウォーターの

1年間の輸入量は640億立方メートルとされています。

深刻化している世界の水不足の

結果、食料不足などとなって

私たちに影響をおよぼすこととなります

このことを示してくれるのが、

「バーチャル・ウォーター」という

考え方になります。

日本で使っている水の量

 

日本は1年間で約2400億立方メートルの水が利用可能で、

約835億立方メートルが使用量です

日本は水に恵まれているように感じますが

上記、農畜産物の輸入という形で考えれば、

日本の食料自給率は40%の日本は

海外の水に大きく依存していることになります。

日本の家庭での水の使用量は90%以上が

トイレやお風呂などの洗浄目的で

炊事目的が約17%となります。

全体で考えると1日一人あたり

生活用水:320リットル

工業用水:240リットル

農業用水:1160リットル

の水が使用されています。

日本が抱える水の問題は

 

降水量が世界的に見ても多い方の日本ですが

山が多い独特な地形のため

高地から低地には水を運びやすいですが

反面急斜面・勾配が多いために

根本的に水が貯めにくい環境にあるようです

日本の水が軟水なのも地形の結果です。

頻繁に渇水問題が起きたり豪雨による

洪水や土砂災害が起こるのは、

日本の独特な地形に原因の一つがあるそうです

現状、上水道のみに生活水を頼っている

日本は、その洗浄能力が追いつかず

汚水を発生させ

環境汚染・水質汚濁の問題を起こしています。

世界の水の普及率

 

日本における

「安全な水の普及率を100%」とすると

北アメリカ:100%

ヨーロッパ:96%

オセアニア:88%

中南アメリカ:85%

日本以外のアジア:81%

アフリカ平均:62%

サハラ以南アフリカでは32%で

水道のインフラ整備や浄水処理が進んでおらず、

家から離れた場所に水を汲みに行く

女性や子どもが多くいます。

特に水不足の地域では農地が減り

水資源の取り合いで

紛争も起こっているそうです。

 

実は進んでいる日本の水技術

 

浄水技術は大まかに

「急速ろ過」「緩速ろ過」

「膜ろ過」「消毒のみ」の4種類で

この内の膜ろ過においては、

日本は世界一の技術をもっています。

膜ろ過とは、

連続した組織の間にある孔を利用して

分離操作を行うもので

とても細かい穴の開いた膜に

処理したい水を通し、

固形物や細菌、

化学物質などをろ過して除去する技術です

塩素で死滅しない原虫クリプトスポリジウム

などを除去できることから

水道水の浄化などに導入が広がっています。

さらにこの膜ろ過設備は自動化がしやすく

多くの汚濁物質に適用でき、

海水の淡水化まで出来ますが

現状では設備が高額になり

コストの面で問題があるようです。

 

今回はここまでとします

さらに詳しくは

深く調べてみると面白いですよ

有り難うございました