その他の雑学

国の制度をもっと使おうシリーズ①~出産一時金制度ってご存知ですか??(2018)

Pocket

皆様 侍君です

今回は、実はあまり知られてそうで詳しく知られていない

(出産育児一時金制度)をご紹介していきます

出産育児一時金制度


出産育児一時金制度と呼ばれるこの制度

これは、妊娠4か月以上で国民健康保険・被保険者

または被扶養者出産したときに

一定額が支給される制度です

すごい簡単に言うと

出産すると 一人42万円」が支給されます

双子の場合は ざっくり84万円」です。

大体の出産費用は50~100万円なので、かなり助かりますね。

産婦人科の病院で相談すれば、ほぼ支給額内で出産費用を賄ってくれますし

大体きちんと受け取りなどの説明してくれます。

出産する病院への申請書提出・健康保険証提示すればOKです。

どの病院であっても申請方法・必要書類に大きな差はありません

出産手当金


そしてもう一つ

もし会社勤めの方がいたら

「出産手当金」というのがあります

これも同様、健康保険・被保険者で

産前・産後に手当金が支給される制度です

これは

「給料の平均を日給計算した額」の 3分の2(日給の66.6・・%)

×「産休の日数」=手当金の額

です

 

これはパートで働いていても、誰かの扶養にはいっていたり

国民健康保険の人には無い制度です

条件は「妊娠4か月以上」で健康保険の被保険者である期間内の出産・・

健康保険出産手当金支給申請書に医師と事業主の両方の証明を受け、提出

産前と産後の2回に分けて申請できますが、一般的にまとめて申請します

少しハードルが高いですね・・

申請先は「健康保険組合」や「協会けんぽ」なので

もし会社勤めの人は総務課などに相談するといいかもですね。

まあ・・一時金などは、大体は産婦人科の病院が説明してくれるので安心ですが

出産費用などで、不安や躊躇していたり、お困りの場合は

この制度があることを覚えておくと

気持ちが楽になるかも・・。

 

ではまた次回!