その他の雑学

ふと「キャッチコピー」の基本を考えてみた

Pocket

キャッチコピーの基本とは・・

ふと「キャッチコピーの基本」を考えてみました。

キャッチコピーは、身近な、動画のタイトルや、チラシの制作。

様々な宣伝やお知らせなどの基本となる部分です。

この部分の強弱・良し悪しで、大きく興味やひきつける力は変わると思います。

たとえば・・。あくまでも基本ですが、

「自分と関係あると思わせる」

「ベネフィット(利得)をいれる」

「受け取る側の立場になる」

「ターゲットを絞る」

「ニュースを知らせる」

「初・新の言葉をいれる」

「曜日・日付を入れる」

「あの・話題・注目・期待の・〇〇で紹介された」

おおよそキャッチコピーの基本は、このようなところでしょうか。

キャッチコピーの型とは?

まあ、キャッチコピーの基本の一つとしては

「型」というものがあります。

この型に当てはめれば、大体良いキャッチコピーになります。

私は、スポーツでも学問でも「型」は、大事だと思います。

「言い切る型」

短く言い切る(やきとり焼いてます。など)

予言して言い切る(確かにそうかも!と思わせるのが基本)

脅して言い切る(災害・お金の不安など)

宣言して言い切る(私はウイスキーで美肌になる!など)

「考えさせる型」

問いかける→(最近うまいお肉食べました?など)

親身に語りかける(ご褒美に○〇しませんか?)

二者択一をせまる(あなたは白派?黒派?)

好奇心をくすぐる(何でだろう?と思わせること。「夏にウナギは食べるな!」など)

希少性を強調する(限定〇食・〇曜日限定)

まあ、あくまでも型なので、見る人が見たら、あーこの型か~てなりますけど、

ただやみくもに意味のないキャッチコピーを作るよりは、

迷ったら、このような、良い型にはめた方が、良いと私は思います。

正しくわかりやすく面白く伝えるために

ちなみに「正しく」そして「面白く」伝えるために、

様々な方法・手法があります。

対句法(聞いて極楽見て地獄・事件は会議室で・・など)

3つ重ね(うまい・はやい・やすい)

対義結合(まろやかなのにパンチがある・・など、矛盾する言葉を結合

ひゆ表現(音楽やものに例えるなど)

ダジャレ法(でっかいど~お北海どお~・・など)

本歌取り(有名な歌詞やフレーズを、置き換える方法)

お笑いなんかでも、よく使われるような方法ですね。

物よりも物語を売ることも大事

そして、考え方のヒントとして、

「ストーリを売ること」が、その物を売る事よりも、

実は一番大事かもしれないです。

こうやってできた・・。この商品はこのような物語がある。

この料理には、このような伝説があって~

といわれたら、いつも何気なく接してたものでも、

少し違って見えてくると思います。

その他使えそうな手法

よく目にするその他の

使えそうな手法や型を、ざっと書いて今回は終わりたいと思います。

具体的な数字を入れる

数字でリズムを生み出す

列挙する

57調・75調にする

韻を踏む

擬人化する

有名人専門家などの権威を借りる

常識の逆をいう

情報を隠す

方言や昔の言葉

強引に言い切る

本気でお願いしてみる。

 

 

ご愛読ありがとうございました。